みなさん,こんにちは!
札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック,・院長の森公寿(きみひさ)です.

前回のブログでは,インプラントに関していきなりちょっと否定的なお話をしましたが,今回はそれではなぜときわプロケアではインプラントをするのか?
そのお話をいたします.

一本の歯は、生えている位置によって、負担できる力の大きさや方向が神様によってきめられています。
また、歯は両隣の歯や噛みあう歯に支えられることによって、その場所にいることができるのです。

なので、一本の歯を抜けたまま放置すると…

想定外の大きさや方向の力が加わり、まわりの歯やその周囲の組織が弱ってしまいます。
歯の寿命は確実に短くなります。
なので、欠損部分を補うためにブリッジや入れ歯をいれる治療をするのですが…

放置するよりはずいぶんましですが、
土台になる歯が拘束されたり、
他人の荷物まで背負わされたり、
想定外の方向にゆすられることになります。
結果、その歯の寿命は短くなってしまうのです。
「歯の連続性」を失った瞬間から、終末へのカウントダウンは遅らせることはできても決してストップすることはできないのです。

そんな治療を25年間なんの疑いもなくやってきました。
だって、そうするしかなかったから.
もちろん、なるべく他の歯に負担の少ない入れ歯ってなんだろう。長持ちするブリッジをつくるための材質・形状・かみ合わせはなんだろう。と自身の治療技術の研鑽を怠りませんでした(今でも).
そんな私にとって,インプラント治療の出現は衝撃的なものでした.
たしかに,生体にとっては異物です.天然歯には遠く及びません.歯列の連続性を失ったことによる残された歯への〝迷惑“を極限まで減らすことのできる存在.それがインプラントでした.
私の四半世紀にわたる努力が,一本のインプラントにかなわなかったのです(泣).

みなさんがインプラントに求めるものは,「よく噛める」だとか「美しいこと」などだと思います.
それらは大事です.とっても.
けれども私がインプラント治療をする最大の理由は…
それが「歯列の連続性を保てる」唯一の手段だからなのです.いいかえれば,「残された歯を最大限保護するため,現在考えられる究極の手段」それがインプラントなのです.