みなさん,こんにちは!
札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック,院長の森公寿(きみひさ)です.

インプラントシリーズ.
令和最初の投稿は「お金」のお話です.

インプラントの治療費.高いですかね?
こんな話はどうでしょう?
自家用車にかかる費用は150万円のコンパクトカーを10年間乗ったとして,維持費はモロモロ500万円だそうです.一日当たり1300円(!)ですね.
美容室にかかるお金.ひと月3000円としましょうか.一日当たりの費用は100円ですね.
インプラント一本,10年間(当院のインプラント延長補償の最大)使ったとして,一日当たりの値段は110円です.
安くないですか?インプラント.

また,それだけのお金をかけて得られるものは何でしょうか?
車.ちょっとした利便性?見栄?多くの人はタクシー使った方がよっぽどリーズナブル!
髪の毛.のびちゃうからネ.まぁ最低限の身だしなみですね.
インプラント.他の歯を守ってくれますね.
       それによって,将来かかるかもしれない治療費がカットできるかも.
       何でもよく噛めることによってより健康的な生活ができるかもしれない.
       お口の中を健康に保つと,全身にかかる医療費が下がることはすでに実証済みです.
そう考えると.
めちゃめちゃお得ですねー. インプラント! ねっ!

以上の私の話を聞いたにもかかわらず…

これだけ私がわかりやすく話したにもかかわらず…

当院のデンタル・コーディネーターから提示された見積もりを見て(基本1本40万円です),
インプラント高いなーと思ったそこのあなた!
あなたは…

ステキです!
その感覚が重要です.
あなたのもとに行けるインプラントは幸せです.
なぜか?もうちょっとお話を聞いてください.

アメリカでは,歯科医療のほとんどが予防で,治療はあんまりありません.歯科医や歯科衛生士は,国民から感謝され,尊敬できる職業のベスト3に必ず入っています.
一方,日本では,いまだに治療中心で,「予防」というと,「痛くもないのに歯医者に行くのは面倒だ!」っていうんで,いまだに疎まれることが多い.で,嫌われ者です.私たち(泣).
この違いは何かってことを考えると,健康への思いだとか美意識なんていうのもあるんでしょうが,ぶっちゃけお金です.
日本なら(銀歯だけど)数千円で済む治療費がアメリカだと何十万円もかかるんです.
だから,アメリカ人は歯を大切にします.
高価なものは大事にしようと思うし,追加で買わなくてももっと素晴らしいもの(自分の歯です)を持っているなら,それを失わないようにしますよネ.
一方,治療費は安くてみんな平等だけど,そのせいで治療を繰り返して大切なものを失っていくのが日本人です.
Tシャツとよそ行きのドレス
スニーカーと高級革靴
お買い物バッグとブランド物のバッグ
その扱いは同じではないわけです.
最初の項目でお話したように,インプラントはいつくしみの気持ちを持ってお世話していただかなくてはなりません.
「高価な買い物をしたな」
という気持ちを忘れないでいただきたいのです.
インプラントに限らず,高価な自費治療をしたことをきっかけにお口の中がピカピカに変わった方を私はたくさん見てきました.

逆に私たちがもっとも警戒するのは,「お金ならあるからとにかくインプラントやってよ」とは言わないだろうけど,そーいういう感じの方.
これは後々ご本人も私たちも不愉快な思いをする危険性がとっても高いんです.