みなさん、こんにちは!

札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック・院長の森公寿です。

先日、厚生労働省から2015年の国勢調査をもとに作製された「完全生命表」が発表されました。

それによりますと、日本人の平均寿命は男性で80.75歳、女性で86.99歳と過去最高を記録しております。

生命表のデータをもとに平均寿命の推移を表にしてみました。

男女とも現在も寿命はもび続けていることがわかりますね。

なんで表の最初に1965年のデータがぽつんと入っているかというと、わたしが1964年に生まれたもんですから、個人的な興味です(笑)

でも、こうしてみると、半世紀前と比較すると寿命の延びは驚異的であるのがわかりますね。

他の国の最新の状態がわかりませんので、詳しいことは言えませんが、世界1,2を誇る長寿大国であることは間違いないでしょう。

けれども、せっかく寿命が延びても寝たきりでは、ちょっと残念です。私は2015年国勢調査をもとに作られるであろうもう一つのデータが出されるのを心待ちにしています。

それは、平均寿命と健康寿命の差のデータです。

平成22年の国勢調査をもとに作られた表ですが、男性で9年、女性で約12年人生の最後に健康上の問題で日常生活が制限される期間が

あるということでした。

厚労省は、平成26年を「健康寿命元年」と位置付け、私たち歯科医師もお口の健康を通じて健康寿命の延伸に取り組んできましたから、結果が非常にたのしみです。いずれ発表があったらまたご報告します!