Monthly Archives: 3月 2016

スプリングセミナー

こんにちは! 

札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック歯科医師の古賀真知子です。   
先日北海道形成歯科研究会のスプリングセミナーに参加してきました! 
北海道形成歯科研究会のスプリングセミナーは、毎年3月に開催されており、北海道形成歯科研究会に入会されているドクターや衛生士技工士の方がそれぞれ発表を行い、2日間に分けて開催されています。

今年は当院の院長が発表されるとのことで、スタッフの皆で参加してきました☆  
 内容は、超高齢化社会を見据えたインプラント治療計画についてです。

image

ドクターにも衛生士にもかみくだいた内容でとても分かりやすく大変勉強になりました。
 発表はインプラントの話しが多いですが、禁煙・歯周外科、等様々な分野のお話しがありました。
 
 こういったセミナーに参加して色々な医院の話を聞くと、当院では患者さんからの希望を聞き説明を行うデンタルコーディネーターという役職、担当制で患者さんに寄り添ってクリーニングや歯周病のケアを行う衛生士、セレックマシーンを使いこなす素晴らしい技工士がいて、
歯科治療を行う上で大変素晴らしい環境がそろっています。この環境を生かすのも生かさないのも私達次第なんだと改めて考えさせられます。
今年はセミナーに沢山行き、自己投資する年にしていきたいと思います!

ピカピカの小学校一年生のみなさんへ!

みなさん、こんにちは!

札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック・院長の森公寿(きみひさ)です.

春ですね!

当院でも「今度小学校に行くんだよ!」とうれしそうに教えてくれるお子さんがたくさんいます.

新一年生のみなさん、おめでとうございます!

さて、だいたい小学一年生で、歯列の一番奥に第一永久歯が生えてきます。この歯は大きくて強く、すべての永久歯の中で一番重要な「歯の王様」なんです。

けれども、第一大臼歯は①歯列の一番奥にある、②汚れのたまる溝がたくさんある、③生えたての歯は、まわりの歯よりも背が低くハブラシが当たりにくい、などの理由から虫歯になってしまうことが非常に多いんです。

なので、よごれを染め出してみると、とっても汚れていることが多いんです。