ときわプロケアで使うインプラント

日本に導入されているインプラントはたくさんあります.
どれも日本の厳しい基準をクリアしていますから,「危ないインプラント」などというものはありません.ご安心ください.
当院では数種類のインプラントを導入していますが,メインで使用しているのは,世界シェアNo.1,スイスのストローマン社製のインプラントです.
このインプラント,他と比べて仕入れ値はちょっとお高いです.
ブランド志向 というわけではなく,
次のような私なりの理由があります.
① 他院で入れたインプラントがトラブルに見舞われ,当院にいらっしゃった場合.「このインプラントなに?」「そのインプラントを扱うための機材がないよ!」ということで,治療を断らざるを得ないことが多いのです.
その点,世界シェアNo.1のストローマン・インプラントなら日本全国津々浦々,扱っている医院がたくさんありますから,もし患者さんが引っ越したりしてもメインテナンスを引き継いだり,トラブルに対応してもらうことが比較的簡単にできるんです.
② 患者さんが引っ越してしまったよりも,もっと困ることがそのインプラント,というかそのメーカーがこの世からなくなってしまった場合(!).これはもう部品も機材も手に入らなくなるからどうしようもなくなっちゃいます.
その点で,経営体質が非常に安定している(儲かっている),ストローマン社製のインプラントを選びました.
たとえば,自動車でいうならトヨタ自動車がある日突然倒産して部品の調達ができなくなるとは誰も思わないわけです.
大きな会社の一部門として吸収合併されるインプラントメーカーが多い中,完全に独立して…,ということは,上部組織の経営的な意向に左右されることなく,インプラントメーカーとしての信念を貫いている企業姿勢も素敵だと思いました.
③ インプラントは骨に埋め込んだあと,一定期間骨とくっつくのを待たなくてはなりません.少し前までは,最短でも3か月安静に保つ必要がありました.ストローマン・インプラントは「SLActive」という特殊な表面性状をもち,業界最短,1か月で次の治療ステップに移行することのできるインプラントなのです.
早くつくことによって,治療期間の短縮につながることはもちろんなのですが,
早くつくということは,より強く骨と結合しているのではないかという期待もあります.
またこれは治療に際しての説明でもしっかりお伝えしているのですが,埋め込んだインプラントの中には数はすくないですが,「うまくつかない」ケースもあります.そのようなときは,再埋め込みということになるのですが,何か月も置いてから,また何か月もでは途方もない期間がかかってしまうのです.そういう意味でも「早くつく」メリットは大きいのです

Post Tags:

Leave Yours +

No Comments

Comments are closed.


Warning: Use of undefined constant Blog - assumed 'Blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sappro-dc-a/www/tokiwa-dc/tokiwa-dr/wp-content/themes/SympalPress-Lite/single.php on line 78