現場の言葉

みなさん、こんにちは!
札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック・院長の森公寿です.

今年も、近隣の小学校へ口腔衛生の授業に行ってまいりました.
スライドを使ってこちらが授業を進行していると、すべての児童が興味津々で目を輝かせながらこちらの話を聞いてくれるのは、本当にうれしいものです.
しばしば、暴走した児童がこちらの話をさえぎり、担任の先生がそれをたしなめてくれるのですが、実はそれもうれしいできごとなのです.
いろいろな現場で、レクチャーをする機会がありますが、スピーカーが一番恐れるのは「無関心」.テンションが下がるのが「無表情」.そして、いつ行っても120%の元気がもらえるのがここなのです!

というわけで、常盤小学生のみなさんありがとう!また行くねー.

IMG_0009 IMG_0013 IMG_0008

さて、前回の私のブログで、介護の現場のお話をしましたが、実は私の母親も介護ステーションの運営に携わりつつ、70歳を超えて自らも介護の現場に赴いております.

先日、帰省した際に母親は歯科医である私にこんな話をしてくれました.

「お年寄りの介護に行っていると、本当に『歯』って大切だと思うよ」

「からだの自由が利かずに、本来なら食べることが数少ない楽しみだろうに、顔をしかめながら苦痛そうに食べている様子をみていると本当に切なくなるよ…」

現在、歯科界は口腔内の疾患がいかに大きく全身的な健康に悪影響を及ぼすかということを声高に宣伝し、国民に予防歯科へ誘導しようと躍起になっていますが、うちのお母さんのこの一言ほど説得力のあるお言葉はないんじゃないかな~.

国民に予防医療の重要性を浸透させたいなら、もっと現場の様子を伝えたらいいんじゃないかなーと思うわけです.

 

Post Tags:

Leave Yours +

No Comments

Comments are closed.


Warning: Use of undefined constant Blog - assumed 'Blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sappro-dc-a/www/tokiwa-dc/tokiwa-dr/wp-content/themes/SympalPress-Lite/single.php on line 78