Monthly Archives: 7月 2016

歯っぴーフェスタ・夏祭り

みなさん、こんにちは!

札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック・院長の森公寿(きみひさ)です毎年恒例の当院のキッズクラブ対象の夏祭り、「歯っぴーフェスタ」が今年も開催されました!

IMG_0516

何か月も前からの入念な準備のおかげで、大成功!

これまでで最高の100人を超える方々に参加していただきました。

今年のコンテンツは歯科用のプラスチックを使ったマスコットづくり、オリジナルうちわづくり、射的をはじめとする各種ゲーム、ヨーヨー釣り。毎年恒例のかき氷はちょっとマンネリかナ、ということで今年は今多先生と私でキャラメルポップコーンづくりに挑戦しました!

IMG_0513 IMG_0515 IMG_0518 IMG_0519

スタッフのみんな、お疲れさま!

そして、午後からはこれも毎年のお楽しみ。当法人理事長のお宅でのBBQ大会が盛大にとりおこなわれました!

こちらも、40人近くが参加し、大盛り上がりでした。

10年前は、10人以下だったスタッフが今ではこんなに増えたんだなー。

理事長のお誕生日のお祝いもありました。すっかりアラ70だけど、まだまだ体力・気力十分で頭が下がります。

IMG_0514 IMG_0517

そんな暑い夏の一日でした。

これからもときわプロケア歯科クリニック、医療法人博和会をよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全スタッフが

ヘルスケア歯科学会ワンデーセミナー

こんにちは、札幌市南区のときわプロケア歯科クリニックの歯科医師 今多です。

先日、日本ヘルスケア歯科学会の札幌ワンデーセミナーに院長始め、スタッフ数人で参加してきました!

ヘルスケア歯科医療とは学会によると、「健康を守り、育てる歯科医療」と定義されています。そんな歯科医療を実践するための取り組みを勉強してきました。

歯を失う原因の45%は虫歯、45%は歯周病というデータがあります。もちろんこれらの治療は歯科医院として当然行います。が、大事なのはそうならないようにすることなんです。まさに当院の予防ベースの理念と合致します。

セミナーで学んだことをスタッフ全員で共有して、より質の高い歯科医療をみなさんに提供できるよう一同頑張っていきます!

クリニカルサマーミーティング

こんにちは! ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の古賀真知子です☆  

先週は北海道医療大学歯学部同窓会主催のセミナーのクリニカルサマーミーティングに行ってきました!

同窓の先生方やそこの医院で働いているスタッフの方々による発表や研究のポスター発表などがあり、とても興味深い内容が多く充実した1日でした☆

特別講演として、愛知県で開業されている須崎明先生による、「CR修復の確実で効果的な手法と正しい製品の選択法」というお題のお話がありました。
CRとは歯科治療で使用しているコンポジットレジンの略で、虫歯や歯が欠けたところを白い樹脂で補う詰め物の治療です。
昔からある治療ですが、最近では物性が向上して審美的にも大変優れたものになりました。
虫歯ができた部位による材料の使い分け・手技や、いかに痛みを伴わない治療が出来るか等大変勉強になる講演でした!

  講演は14時〜20時までと長丁場で、これだけ長い時間座ってお話を聞いたのは学生ぶりかなーと思います。
大学時代お世話になった先生方にお会いしたり、学生時代の話をしていると大学卒業してからこんなに経っていたんだなーと懐かしさを感じました。

今回のセミナーは毎年開催しているので、毎年参加していこうと思います☆

きれいに老ける

みなさん、こんにちは!

札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック・院長の森公寿(きみひさ)です。

前回の私のコラムのつづきです。

今の日本、医療の発達により寿命が長くなりました。

大体、女性で87歳、男性で80歳くらいでしょうか。

私が生まれたころの平均寿命は女性で74歳、男性で67歳でした。

男女ともに十数歳も寿命が延びているんですね!

それに加え、当時に比べて栄養も改善されたり、少子化の影響で余力が残っているというのもあるのでしょうか。今のシニアの方は、非常にお若いですね。

私の子供の頃だったら、60代って言ったら、もう本当に「年寄」って感じでしたもん。

「余生」が増えるにつれ、老け込みたくない、いつまでもはつらつとしていたいという欲求も高まり、巷ではアンチエイジングの話題で持ちきりのようです。

かくいう私も最近、自分の顔にできたシミがちょっと気になって、取りに行ってきたいなと思いますもん。

ただ、やりすぎっていうのも問題で、テレビで皺を伸ばしてパンパンになった女優さんの顔をみるとちょっといただけない感じがします。

キャロライン Foster, Jodie

写真は、駐日大使のキャロライン・ケネディーさんと女優のジョディ・フォスターさんですね。お二人とも、けっこう皺多いですけれども、それがナチュラルな感じでとても好感が持てて魅力的に歳を重ねていますよね。

そして、何よりもきれいに老けるために必要不可欠なのが、「口元の清潔感」だと思うんですよね。ニコッと笑った時の白い歯って何よりも大切だと思うんですよね。

そう思いません?