歯は溶かされ、やがて元に戻る

みなさん、こんにちは!
札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック、院長の森公寿です。

今日のお題は歯の「再石灰化」についてです。

みなさん、歯の再石灰化というのをご存知でしょうか?

ガムのCMなどで使われることがあるので、言葉くらいは聞いたことがあるかもしれません。

私たちが食事をはじめると、それを栄養にして虫歯菌が出す酸によって、瞬時に歯の表面のカルシウムやリンなどの成分が唾液の中に溶け出します。簡単に言うと歯が溶けます

これを、脱灰といいます。

それが、食事が終わると唾液の作用によって溶け出した成分が歯に戻ってきます。

これが、再石灰化です。

私たちの歯は、食事をはじめると溶け出し、そして次の食事ときまでにはもとにもどるということを繰り返しているんですね。

脱灰より再石灰化の力が強いと、健康な歯が保てて、逆に再石灰化より、脱灰の力が強いと虫歯になります。

規則正しく三度三度の食事をしているだけなら、食事から食事の間にしっかりと再石灰化が起こって、脱灰が有利になることはありません。つまり、虫歯にかかりにくいということになります。

しかし、食事と食事の間に間食をするとなると、事情はかなり違ってきます。次回は、特に小さなお子さんを持った、保護者の方に「虫歯にかかりにくいおやつの与え方」についてのお話をしたいと思います。

Post Tags:

Leave Yours +

No Comments

Comments are closed.