Monthly Archives: 10月 2014

デンタルフロスで虫歯や歯周病を防ぐ②

こんにちは!
札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック歯科医師の古賀真知子です。  

ときわプロケア歯科クリニックでは月に一度矯正専門の先生に来ていただき、一般診療だけでなく矯正治療も行っています。
矯正中は装置を装着することにより歯の汚れが残りやすいです。当院では小学校1年生~中学校までの患者さんが多く、将来むし歯にならないように細心の注意を払わなくてはなりません。特に歯間と歯の根元の汚れですね~
小児は成人と比べ歯みがきが悪いと虫歯になりやすく歯茎も腫れやすいので注意する必要があります。  

そこでおすすめなのが、ソートン スーパーフロスです。

image

他の市販されているフロスに比べて値段は少々お高いですが、むし歯・歯周病予防にはとても効果的なフロスなのです。通常のフロスを通しにくい、ブリッジの下や矯正装置が付いている歯などにも通すことができるスーパーフロスです。    

先端が少し硬めになっていて真ん中の部分がスポンジ状になっています。先端が少し硬めになっているので矯正器具の隙間やブリッジの下にすっと入れられて掃除しやすいです。 また、年齢により歯茎が下がって歯間が広く、糸ようじでは細すぎるけど歯間ブラシはちょっと、、という方にはおすすめです!  
ただし使いこなすのが難しく、難易度が高めなので、使用する前にぜひ当院のスタッフに使用方法をお教えするのでぜひお声かけください♪  

フロスは毎回使わなくても、一日一回で十分なので、使っていない方は普段の歯磨きにぜひ取り入れてみてくださいね!  

ホワイトニング

こんにちは!
札幌市南区ときわプロケア歯科クリニック歯科医師の服部あゆみです!

最近院内ではどんどんホワイトニングする方が増えてきています~

そこでもうひとつ、ホワイトニングについてお話したいと思います。

(さらに…)

院長おすすめ本1 「あなたの夢はなんですか?私の夢は大人になるまで生きることです」

みなさん、こんにちは!

札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック、院長の森公寿(きみひさ)です!

昨年の話になりますが、国連から「しあわせな国ランキング」が発表されました。トップに輝いたのはデンマークで、ノルウェーとスイスがそれに続いています。 そんな中で、日本の順位は…なんと43位でした。 長引く不況や相次ぐ天災が影響したのでしょうか? でも、そうは言ってもGDP世界第3位。 欲しいものは何でも手に入る日本人がなぜそんなにしあわせを感じていないんでしょうか。 日本より上位には、こう言ってはなんですが、日本よりも豊かでなく発展途上の国がたくさんランクインしています。 

Cut2013_0911_0637_45

あなたは今、幸せですか?

そうでもない?そこそこ?

そんなみなさんにお勧めの一冊があります。

「あなたの夢はなんですか?私の夢は大人になるまで生きることです」が私のおススメ本です。

416PCFPFRZL__SS500_

アジアの、その日「生きていく」ことさえままならない、恵まれない子供たちについてのドキュメントです。

ほんの一時間で読み終わります。

読み始めて10分で確実に泣けます。

そう聞いたあなたは、こう思うかもしれません。「自分よりも恵まれない子供たちを知ることで、今の恵まれた環境を幸せに思いなさいってことでしょ」と。

それもないとは言いません。けれども、本を読み進めていくうちに、あなたはもっと衝撃的な事実を思い知らされることになるでしょう。

それは、

「心の豊かさ、心の幸せに目を向けるなら、私たちは生きることさえままならない子供たちよりもよほど貧しく、よほど不幸である」という事実です。

作中、著者の池間哲郎氏が手弁当で恵まれない子供たちをピクニックに連れて行くくだりがあります。 お昼になってお弁当を子供たちに渡すと誰も食べようとしません。 理由を聞くと自分だけでなく家族にも食べさせたいと、みんな弁当には手をつけずに持ち帰ったそうです。

たった一つのお弁当を持ち帰って、家族がそれを「おいしいね」と笑顔で食べてくれた時に子供たちが感じた幸せ。その幸せを超える「幸せ」が今の自分にあるだろうかと考えさせられてしまいました。

本当の幸せのヒントがこの本にはたくさん書いてありますので、みなさんよろしければ、ぜひ一度お読みになってみてください。

 

 

 

 

 

デンタルフロスで虫歯や歯周病を防ぐ①

こんにちは!
札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック歯科医師の古賀真知子です。

皆さんは歯磨きする時、ハブラシで歯を磨いた後はどうされていますか?
しっかり磨いていても、ハブラシで落とせる汚れは全体の50~60%くらいだと言われています。
表面上の汚れは落とせても、歯と歯の間に入り込んだ汚れはブラッシングだけではなかなか取りきれないのです。

そんな時に使ってほしいのがデンタルフロスです!ちなみに私は毎日欠かさずデンタルフロスをしています。
フロスとは、歯と歯の間を掃除する細い糸の事をいいます。日本風にいうと「糸楊枝」ですね。
しかし、習慣のない方にとっては正直面倒くさい作業ですよね。

そこで、デンタルフロスによって得られる効果を紹介したいと思います!

①デンタルフロスを使うと歯垢除去率が80~90%とアップする

歯と歯の間に溜まっている汚れを歯ブラシだけで取り除くのは至難の技ですよね。歯ブラシだけでは汚れは全体の50~60%くらいしか落とせていないそうです。

②特に虫歯になりやすい歯と歯の間の汚れをとることが出来る

虫歯の90%が歯と歯の間から発生します。デンタルフロスの習慣がない人はいつも歯の間だけ汚れが残ってしまうので虫歯が進行していきます。

③虫歯の初期症状を発見するセルフチェックになる

引っかかる感じがする、毎回同じ部分でフロスが引っかかる、出し入れの時に糸がバラける、、

これらのことに該当するのであれば初期虫歯・虫歯の疑いがあります。もちろん、詰め物、かぶせ物の状態があっていない場合に引っかかることは多いですが、合わなくなった詰め物・かぶせ物は虫歯の住みかになり虫歯になってしまいます。

虫歯を早期に発見することができれば、大掛かりな治療をしなくてもちょっとした治療や、予防処置のみでも充分に虫歯を治すことができます。

④ 歯周病の予防チェックになる

デンタルフロスを入れて出血があった場合は、歯周病の疑いがあります。もちろん、フロスによって歯茎が傷ついて出血する場合もありますが、毎回出血するのであれば、歯と歯の間に歯周病などの炎症がある可能性が高いです。

⑤口臭が少なくなる

歯垢の付く場所は歯と歯の間の隙間です。使用したデンタルフロスの臭いを嗅いでみてください。口臭が気になっている方は、日常的にデンタルフロスを使用するようにしてみてくださいね。それだけでも、気になっていた口臭が改善されるかもしれません。

フロスは大きく分けて糸まきのタイプとホルダータイプに分けられ、ホルダータイプのフロスにはI字型とY字型があります。

image

私は奥歯にもアプローチしやすいY字型のフロスをいつも使用しています。
ドラッグストアにも売っていますが、当院でも販売しているのでぜひ試してみてください。

image

フロスを使うようになるとフロスについた歯垢、食べかすに驚き、いかに自分の歯磨きがどれだけできてないか実感するのではないでしょうか?
私もフロスを使用するようになってからは、歯ブラシ後のフロスは絶対に欠かせません(笑)
興味はあるけどフロスの使い方がいまいち分からない…という方は、スタッフからフロスの使い方をお教えしますので、お声掛け下さいね♪

最後までお付き合いありがとうございます!
ぜひ、毎日の歯磨きにデンタルフロスを取り入れてみてください♪

歯科助手サミット!

こんにちは!
札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック歯科医師の服部あゆみです!

少し前のお話になりますが、9月23日に歯科助手サミットなるものがありました~

(さらに…)