Monthly Archives: 9月 2014

学びの秋!

みなさん、こんにちは!

札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック

院長の森公寿(きみひさ)です!

9月ももう終わり、朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。

今月は、スタッフ全員がそれぞれの「学び」に燃えました!

まずは私、院長が参加した日本最大の歯科学会である「日本口腔インプラント学会」。今年は、試験を受けたりしていたので、11日から15日まで東京に行かせていただきました。より精度の高い安全なインプラント治療を行うために様々な知識を身に着けてまいりました。

1545982_273911816138549_6850476636377581966_n 10702020_273911849471879_7098639326220970820_n 10482471_318369158344849_1550576793417636214_n

そして、その次の土日には、帯広で「北海道予防歯科臨床懇話会」に、土屋、小玉、吉井と共に参加してきました。

この会では、150人の聴衆を前に当院の最も若い新人スタッフである衛生士の小玉が、当院の様々な取り組みについてプレゼンテーションを行いました。

何週間も前から、当院のスタッフ総出でプレゼンテーションの内容をつくりあげてくれました。みんなの思いが詰まった発表は素晴らしいもので、参加グループの中では一番の出来でした! 院長のひいき目ではない証拠に、当日講演をしてくださった歯科に携わる者なら知らないものはない歯周病治療の大家の先生に「金賞」をいただいたんですよ。小玉さん、スタッフのみんな、ありがとう! この発表のおかげで、医院の一体感が一層深まりました。

10665876_276838959179168_146598456642137484_n 10712778_276839085845822_2067872353530713495_n 10641211_276839182512479_2455745652174122086_n

そして、一日おいて秋分の日は「北海道歯科助手サミット」に運営のサポートのお仕事も兼ねて、全スタッフで参加してきました。 仕事を通じて幸せになるためには、どうあるべきか、どうするべきかについて多くの気づきを得ることができた、感動の一日でした!

10649746_566559123448531_8023137785389428998_n

そして昨日の9月最終日曜日には、当院の執行ひかるおよび分院のスタッフ2名と共に「地域一番実践会、経営塾」に参加してきました。 患者様、スタッフ、医院の三者のすべてが幸せになれる医院を極めるための勉強をしてきました。 学んだことは明日からの医院運営に生かしていきたいと思います!

10474026_497620987038596_1325113813_n

以上、完全燃焼した9月のご報告でした!

今週末は、ちょっと休みたいかナ

 

初めまして♪

こんにちは♪
札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック歯科医師の古賀真知子です。 今年の4月からときわプロケア歯科クリニックのメンバーになりました。 よろしくお願いします!  

最近すこし肌寒くなってきましたね。皆さん体調崩したりしていませんか? 季節の変わり目なので体調管理には気をつけて下さいね!  
初めてのブログ投稿なのでドキドキしながら書いています(笑) 最後までお付き合い願います☆

ときわプロケア歯科クリニックでは、毎月課題図書が出てスタッフ全員で読書感想文を提出しています。普段、私はそんなに本を読まなかったので本を読むきっかけになり、すごくいい機会だなと感じています! みんなで一つの本を読んで共有するってすごく素敵なことですよね!!  
その機会を通して今回は一つの本を紹介したいと思います。  

image

あなたは普段鏡に映った自分をじっくりと見つめることはありますか?   もちろん、女性のお化粧直しや身だしなみだけではありません。 知らない内に撮られた写真を見てもしかしたら、イメージしている自分と違うなと感じたことはないですか?
この本では視点、思考のあり方を「人称」というキーワードを使って、見る位置の違いによる価値観の変化を、分かりやすく説明してくれています。

  一人称の人とは自分中心の考え方で物事を判断している思考状態の人で、 二人称の人とは、自分のとる行動に対して、それを相手はどう感じるか、そして相手から自分がどう見えているかということも含めて考えることの出来る思考状態の人。
三人称の人とは、自分が誰かにしていることを行動の対象者だけでなく、まわりがどう見ているかということも含めて考えることの出来る思考状態の人。

二人称視点が今現在、目の前で起こっていることへの対応に対して、三人称視点は長い時間軸、広い視野で見た時の対応であり、もっと目線を高くもてるのが特徴です。
仕事でリーダーシップをとるべき人はこの三人称視点を持つことが必要と言われています。
また、どんな仕事でも一つの会社に所属して仕事をしている以上、最低でも二人称視点を持つことが必要だそうです。  

人は自分の行動を客観的に見ることが苦手で、なかなか相手目線に立って物事を考え、行動することが出来ません。 そのため、二人称視点を持つことが大事であり、そういう思考が出来ると、ビジネスやコミュニケーションですごく成果が出せるそうです。

  二人称視点を身につけるためにどうすればいいのでしょうか。 自分の姿の写真に撮る、録画して動画で見るという簡単な方法で身についていくそうです。   ときわプロケア歯科クリニックではこの考えに基づき、自己研鑽のため診療室や受付でビデオ撮影をさせていただいています。 きっと自分が想像している自分の姿とは違い、考えることが色々あると思います。  
この考え方は仕事だけでなく、プライベートでも同じことが言えると思います。 人は集中している時や興奮している時に、一人称視点になってしまいがちだそうです。 私も経験があります(笑)
しかし、友達付き合いや恋愛において自分中心で物事を考える人より相手の視点で物事を考えられる人間と付き合いたいと思いますよね☆

この本を読んで自分で反省する事や考えさせられる事が多くある一冊だったので、皆さんに知っていただきたく、紹介させていただきました♪  
これからもっと本を読んで色々な視点で物事を考えられる人間になりたいなと思いました☆
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

あなたは今、かんでますか?

こんにちは!
札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック歯科医師の服部あゆみです。

昨日今日と日中は晴れていますが、夜の嵐はすごかったですね(*_*)

皆さんご無事でしょうか?

先日TVでも特集されていましたが、TCHって、ご存知でしょうか?

(さらに…)

セレックシステムセミナー

こんにちは!
札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック歯科医師の服部あゆみです♪

先週末はセレックのセミナーに参加しました~

セレックのセミナーには何回か参加してますが、その度にどんどん進化していますよ~

image

(さらに…)