Monthly Archives: 3月 2014

アップデート!

こんにちは!
札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック歯科医師の服部あゆみです。

最近やっと暖かくなってきましたね♪

(さらに…)

春のホワイトニング

こんばんは!札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック歯科医師の服部あゆみです!

まだまだしつこいくらい雪が続きますね…春が待ち遠しいです(>_< ) 春に向けて?私は最近またホームホワイトニングを始めました~ 一度ホワイトニング用のマウスピースを作ると薬剤ジェルを追加するだけで気軽に続けられるのでホームホワイトニングはおすすめです! (さらに…)

検診に行かないわけ2:歯科検診の効果

みなさん、こんにちは!

札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック

院長の森公寿(きみひさ)です!

雪解けも進み、すっかり春らしくなりましたね!

私のアレルギー性鼻炎もたしかに春を告げています(つд⊂)

さあ、今日もはりきっていきましょう!

image

みなさんの検診に対する疑問の中で、多いのが

「検診って本当に効果があるの?」というものです。

ごもっともな疑問です。何も起こらないのが検診の成功ですから、その効果を短期間で実感するのはむずかしいですよね。

ここに愛知の中日新聞に掲載された興味深い記事があります。

生活医療費はで決まる

http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20110328154440669

定期的に歯科医院を受診している人は、全ての病気にかかる年間の総医療費が低くなる傾向があることが、トヨタ関連部品健康保険組合の調査でわかったというのです。

トヨタ自動車の関連企業の社員や家族からなる組合員5万2600人の2009年度の医療費と受診歴のデータを分析したところ、歯科医院で年に2回以上、定期的に歯石除去など検診をしている人の総医療費は、48歳までは総医療費が平均より高かったが、49歳を過ぎると平均を下回る分布傾向となった。そして、65歳になると平均が35万円に対し、定期受診の人は20万円以下とその差は広がっていく傾向を示したというのです。

組合は「歯が悪いと食事が偏ったり、歯並びが悪くなったりする。それが糖尿病や肩凝り、骨粗しょう症を招き、体全体の健康に影響する」と分析し48歳までは歯科の定期健診費用で年2万円ほどが加わり、医療費が平均より増えるものの、その後は医療費が抑えられるため、歯科の費用を含めても「生涯医療費」は平均を下回ると結論づけたそうです。

検診によって利益を得る、われわれ歯科医師に対して、組合員の健康を向上させ、なるべく医療機関に支払う保険料を低く抑えたいのが企業の健康保険組合です。その、健康保険組合がこのような調査結果を出したことは非常に興味深いことです。

検診の効果は、

確実にあるのです!

 

 

 

 

 

 

歯のクリーニング

こんにちはー!
札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック歯科医師の服部あゆみです!

(さらに…)

検診に行かないわけ

みなさん、こんにちは!

札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック

院長の森公寿(きみひさ)です!

今日はひな祭りですね.

我が家でも雛人形を飾っています.娘はもう大きくなって見向きもしませんが,毎年成長の記録に雛人形の前に座らせて写真撮影をしています.お見せしたいのですが, おこられるので人形だけで失礼します.

DSC00776

今日もハリキッテまいりましょう!

さて,定期検診です.

いつまでもハツラツとがんばれるために歯は大切ですよね.

「その通り!」みなさん同意してくださるとおもいます.

前回のブログでも紹介したとおり,もっと歯を大切にしておけばよかったと後悔している人が多いわけです.

ならば検診に通った方が良いに決まっている.

でもなかなか踏み切れない…

現状,日本人の定期検診の受診率はまだ10パーセント未満

なぜでしょうか?

患者さんの声にはこのようなものが多いようです。

・なぜ、痛くもないのに歯医者に行かなくてはならないのか?

・本当に効果があるのか疑問.

・検診を受けたのに虫歯ができた人がまわりにいる.

・治してもいないのにお金がかかるのは無駄のように感じる.

・悪いところは全部治したので,通う必要がない。

・結局は歯医者の儲け主義のためなのではないか?

まとめると、みなさんが検診に来ない理由は,

①検診に対する知識不足,誤解

②歯科医への不信感

③治療中心の日本の保険行政に慣れきってしまい,それに依存することの危険性を認識していない.

そんなところであると思います.

そして,私が考えるもう一つのもっとも強固な理由

それは,

④“みんな検診を受けていないから

欧米人の個人主義とは対照的に日本人は「みんなと一緒だと安心」な民族です.これが受診率の低い水準の大きな原因のような気がします.

これは、逆に「世の中の流れに乗り遅れると不安」ということでもありますから,なんとか受診率を30%ぐらいまでもっていけば,あとは放っておいても検診の受診率は増えると思うのです。

そのためにも、次回からは正しい“歯科検診”の知識をお伝えして,みなさんをその気にさせていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

食、

こんばんは!
今日もお疲れ様でした!
札幌市南区のときわプロケア歯科クリニック歯科医師の服部あゆみです!

(さらに…)