ときわプロケア歯科クリニック
HOME > 院内予防対策

感染予防対策


感染予防対策

スタンダードプリコーションの概念に基づいた取り組みを
行っています。


現在世界基準の感染予防の概念はスタンダードプリコーション
(標準予防策)と言われるものです。
これは、すべての人の血液・体液(汗をのぞく)・粘膜そして
損傷皮膚は感染性があるものと見なし取り扱うことにより感染
を防止するという高度な院内感染予防の考え方です。
スタンダードプリコーションでは、ウィルス性肝炎・エイズ等の
疑いのある患者様に対しても、特別な対応を考慮するのではなく、
患者様ばかりではなく医療従事者も含めすべての医療現場に適
し予防法であることに加え、あらゆる感染症に対する感染予防対
策になります。

さっぽろプロケア歯科クリニックではこのスタンダードプリコーションの概念に基づき、各種最新の機器を
導入し、高いレベルのクリーンな環境実現により院内感染防止の取り組みを行っています。

ウォッシャ-ディスインフェクタ-(器具洗浄器)による
器具類の徹底的な洗浄、消毒

ウォッシャ-ディスインフェクタ-
当院ではサラヤ社製のハイパワーウォッシャーを
使用し、強力な水流による洗浄と熱水(約93℃)に
よる消毒後、乾燥まで自動処理します。

このハイパワーウォッシャーは歯科医療器具洗浄の
ための専用機器で、高いレベルの洗浄が可能です。




各種小器具類ごとのパック

各種小器具類ごとのパック
器具の洗浄・消毒の行程が終了後、メラシールで
パッキングを行います。








クラスB滅菌器によるクォリティの高い滅菌処理

クラスB滅菌器によるクォリティの高い滅菌処理
滅菌のクォリティレベルは低い方から、N→S→Bの
クラス分けがされています。この分類は医療先進国ヨ
ーロッパ規格EN1306によります。
多くの歯科医院で使用されている通常のオートクレーブ
滅菌器はクラスNに属します。
当院ではメラグ社(ドイツ)製のバキュクレーブ31Bと
いう最高レベルのクラスBをクリアした製品を使用して
います。この滅菌器は真空蒸気滅菌のため、複雑な形状
の器具類の滅菌にも対応しています。


ユニット周りの清掃

ユニット周りの清掃
患者さまの退出後、診療台・椅子・テーブルなどを専用の
薬剤により拭掃し、特に手指の触れる部分はバリアテー
プを貼付します。







口腔外飛沫への対応

口腔外飛沫への対応
の切削時や義歯の調整時に飛び散る汚染物質を口腔外
バキュームにより吸引します。