ときわプロケア歯科クリニック
HOME > あなたに伝えたい

あなたに伝えたい


博和会 ドクターによる「あなたに伝えたい」メッセージ集です。順次公開予定です。



歯医者:今日はどうなさいましたか?

Aさん:「どこも気になるところはないのですが、悪いところがあったら治してください。」

あなたは、このような理由で歯医者を訪れたAさんをどう思いますか。
痛くもないのに歯医者に行くなんて偉いなー…と思いますか。
やっぱり早期発見・早期治療が大事だよネ…と思いますか。
そう思ったあなたは危険です。
戦後、よい歯科医療の代名詞とされてきた早期発見早期治療は、今や危険な思想であるといわざるをえません。

なぜなら、
それでは結局歯を削らざるをえないからです。
そして、
一度削られた歯は、一生治療を繰り返さなければならない運命にあるからです。
削った歯は二度と元にはもどりません。
皮膚に切り傷ができても放っておけば、ふさがります。
骨を折っても固定しておけばくっつきます。


インプラント

削ってしまった歯は… 自然にふさがることは絶対にありません。
歯は自然治癒能力のない、人体の中でも非常に特殊な組織です。
削ってしまった歯を完全に治すことはできません。 人工物で修復するしかないのです。
あなたの顔や手や足に金属やプラスチックに覆われた部分があったらどうでしょう? とても悲しいでしょう。 なぜ歯なら平気でいられるのでしょうか? ニコッと笑えば一番目立つところにあるものなのに…。


治療と破壊は表裏一体


 歯を人工物で修復すると、歯と修復物の境目には段差ができます。

 残念ながら、治療法や使用できる材料がかぎられている保険治療にそれは顕著に現れます。
 ほんの小さな段差かもしれませんが、虫歯菌が居つくには十分な大きさです。
 そのような部分をきちんと清掃することは修復前に比べて格段にむずかしくなります。

 また、修復した部分は経年的に劣化が進みます。
 それは、多くの場合、つめたプラスチックが縁からはがれてきたり、使用していた接着剤が破壊されたり
 溶けだしたりという形で起こってきます。
 歯と修復物の間にすきまができます。
 ほんの狭いすきまですが、虫歯菌が入っていくには十分です。

 そこを清掃することは、さらに困難になり、高い確率で、ふたたび虫歯になります。
 そして、再治療。

インプラント  虫歯になった分、前よりも大きく削られます。
 修復物と歯との境界線も前よりも大きくなります。

 そして、また虫歯になって…

 これでは治療しているのか、破壊しているのかわかりません。

 多くの日本人が、この治療スパイラルに陥っており、たび重なる治療に
 耐え切れなくなった歯は、どんどん抜歯されていきます。


 ちなみに、保険の金属やプラスチックの詰め物の平均寿命は4~5年、
 銀歯の平均寿命は7年といわれています。

 たったそれだけって思いませんか?


虫歯よりこわい歯周病

歯周病
 多くの方が、抜歯の原因の多くは虫歯であると思っています。

 しかし、それは誤りです。

 歯が抜ける原因の半分以上は歯周病によるものなのです。

 50歳以上の方に限定するならば、虫歯によって抜かれる歯の
 倍以上の歯が、歯周病によって失われています。
 現在、成人の80%以上が歯周病にかかっているといわれています。
 歯周病は進行すると、歯を支えている骨、歯槽骨が溶けていく病気です。

 最大(最悪)の特徴は、重症な状態になるまでは自覚症状が
 ほとんどない
ということです。
 骨の減少は虫歯の穴のように見たり、触ったりして確認できませんし、
 痛みが出てくることもほとんどありません。
 歯ぐきが頻繁に腫れてきたり、歯のぐらつきなどの自覚症状がでるころには、手遅れになるケースが非常に
 多いのです。

 歯周病は重症になればなるほど治療が困難になり、長期にわたる通院を余儀なくされます。

 患者さん自身は、あまり自覚がないので、途中で、治療を中断されてしまう方が多いようです。
 そして、治療が終わっても、それ以上骨が減少するのを食い止めるだけで、特殊なケースを除いて一度減って
 しまった骨を再び増やすことはできません。
 逆に歯ぐきや歯槽骨が健康な状態ならば、これほど簡単に予防できる病気はありません。

  歯周病にこそ予防が重要であるといえるかもしれません。


日本の常識は世界の非常識


 日本では、現在、80歳の方の残存歯数はたったの6.8本しかありません。(厚生労働省調べ)

 通常人間の歯は、28本ありますから、1/4以下ということです。
 これがアメリカであれば、85歳の時に15.8本、スウェーデンであれば75歳の時に19.5本の歯が
 残っています。
(サンスターの調査より)。

 また、虫歯にかかったことのない状態を「カリエスフリー」といいますが、日本人の20歳でのカリエスフリー
 はたったの4%。
先進国の中では非常に低い数値です。
 スウェーデンでは、19歳で、国民のなんと60%がカリエスフリーなのです。

 日本と諸外国ではいったい何が違うのでしょうか?

 先進諸国では、戦後、予防のために定期的に通院する習慣が定着しました。
 国民の健康を考えて、政府がイニシアチブをとって、予防に力を入れた国あり。
 増大する医療費を抑制するため予防歯科を推進した国あり。
 公的医療保険が整備されておらず、治療を受けるまで時間がかかったり、高額な医療費が必要な国では、
 国民が自発的に予防歯科を選択したケースもあります。

 わかりやすく言えば、先進諸国の人たちは、痛い思いはしたくないし、よけいなお金も時間もかけたくないし、
 いつまでも健康でいたいから、定期的に通院しているのです。


 その結果が、高齢者の高い歯の残存率であり、カリエスフリーの若者の多さなのです。

 アメリカでは約80%、予防大国スウェーデンでは90%もの国民が定期的に予防処置を受けています。
 定期的に歯科医院に通院している日本人はたったの2%。

 悪くなったら治す、悪くなったら治すの繰り返しに一体何のメリットがあるのでしょう?

 あなたもかしこい“歯医者へのかかり方”を今一度、考え直してみませんか?


どうすれば、虫歯や歯周病を予防できるの?


 虫歯や歯周病は、歯磨きだけでは防げません。なぜなら、歯磨きだけでは落とせない原因があるからです。
 それが、歯石とバイオフィルムです。

 歯石は、歯垢(プラーク)が固まってできたものです。表面がざらついているので、細菌がつきやすく、
 周囲の歯ぐきに炎症を引き起こします。  歯石は、歯と歯ぐきの間に割り込むように深くへ侵入していき、
 やがて細菌の出す毒素が、歯槽骨を溶かし始めます。
 「歯石がたまったから、取ってください」と来院される方が多いですが、
 自分で見てついているのがわかるような状態では、すでに歯周組織の破壊がはじまっている可能性
 が高いのです。


 早め早めの歯石除去が歯周病予防には有効です。

 きれいに磨けているように見える歯の表面にも細菌どうしが寄り集まり、自ら出すねばついた物質によって、
 膜を張っていると言うことがわかっています。これがバイオフィルムです。
 細菌は、バイオフィルムに守られて、はじめて酸をだして歯を溶かしたり、毒素を出して歯槽骨を
 溶かしたりという悪さをしはじめます。
 バイオフィルムという言葉は、歯科の専門用語ではなく一般的に用いられます。

 たとえば、排水溝のぬめりなどは、典型的なバイオフィルムです。
 バイオフィルムは物質に強固に付着して、こすってもなかなか取れません。
 歯と歯の間や、歯周ポケットの中についたバイオフィルムをハブラシで、取り除くことは困難です。

  ですから、定期的に歯科医院でPMTC
 (ProfessionalMechanicalToothCleaning=専門家による
 機械的な歯の清掃)を受けることが重要になってきます。
 バイオフィルムのつきやすさは、人それぞれですが、一度除去しても約3ヶ月でまたでき始めると
 言われており、6ヶ月を超えると効果がなくなるといわれています。
 そのような理由から、デリック歯科では、その方の状況に応じて、3~6ヶ月の定期来院をお勧めしています。

 それでは、定期的に歯石やバイオフィルムを除去すれば、それで安心かというと、そうではありません。
 やはり、ご自宅での歯磨きなくしては、高い予防効果は望めません。

 さっぽろプロケア歯科クリニックに予防のために定期来院していただく方には、歯磨き上手になって
 いただきます。

 ただし、厳しい特訓が待っているわけではありません。
 あなたに努力を強いることなくゆっくりと、ゆっくりと。気づいたら、いつの間にか歯磨き上手だった、
 というのがわれわれのハブラシ指導の理想です。
 
 なぜなら、あなたが失敗したダイエットと同様に、つらい努力には、かならず挫折がつきものだからです。

 一度に覚えきれないほどの指導はいたしません。
歯周病  前回、教えられたことができていなくても怒られることはありません。
 不完全でもいいんです。
 不足分はわれわれスタッフがフォローいたします。

 定期来院時のアドバイスをなんとなく実行しているうちに、

  いつの日か、あなたも歯みがき上手になっていることでしょう。
 
 われわれが行うプロフェッショナルケアと
 皆さんがご家庭で行うホームケア。

 この二つの要素がそろうことによって、最大の予防効果が発揮されるのです。